陰茎増大の施術は痛い?施術の仕方やその後の様子を解説

陰茎は、子どもから大人への成長期で大きく成長します。
しかし、中には肉体的に大きな成長期待することができずに、想定していたよりも体が小さくなってしまうこともあります。
こういった問題を解決するために、陰茎増大は利用できます。
陰茎増大の魅力は、後天的に男性器の状況を改善できる点です。
一般的にも、男性器にコンプレックスやトラウマを抱えている人は多い現状です。
医学的な観点から、安全に陰茎増大を進めていけば将来的にもこのような不安を消すことが可能です。
そのためにも、まずは陰茎増大の施術や基礎知識を解説していきます。

陰茎増大が可能な2つの方法

陰茎増大は、患者の肉体に負担のかからない方法が選択されるのが一般的です。
治療を行うことに関して、副作用などが生じると取り返しのつかないことになるからです。
ここでは、患者の体質や陰茎の状況を考慮して提供されている2つの治療法を解説します。
まず、薬剤注入法と呼ばれるものです。
これは、医学的な安全性が証明されている薬剤を直接的に陰茎増大に利用するものです。
陰茎には、皮膚と海綿体と呼ばれるものが存在します。
それらを包む筋膜の近くに存在する層に対して、薬剤を注入することでバランスの良い形にすることができるようになります。
他の部分に対して悪影響を与えませんので、安全に治療を進められるとあって人気です。
そして、もう1つの選択としてシリコン挿入法が存在します。
この方法は、シリコンバーというものを直接的に挿入することで物理的な大きさを補うものです。
人体構造学の観点から設計されたシリコンバーを用いることになりますので、肉体的な副作用の不安はありません。
円柱型のものとT字型のものが一般的で、患者の状況に応じて利用します。
どちらにしても、痛いと感じるような治療を行うわけではないので安心感があります。

手術で痛いと感じることはほとんどない

陰茎増大は、初めて利用する患者にとっても安心できるものです。
普通、外科手術のようにメスを用いた治療は痛いと感じる機会が多くなってしまいます。
実際に、陰茎増大でもメスを使うことが一般的で、何の対策もしない状態では強烈な痛みが伴います。
しかし、現実的には患者に肉体面での負担や精神面でのストレスを感じないような最善の対処が行われます。
具体的には、麻酔を使った様々な対策です。
陰茎増大の場合は、男性にとってよりデリケートな部分になりますので神経質に麻酔の対処を考えなくてはいけません。
例えば、一般的な外科手術は部分麻酔を行うときに患部に注射針を刺すことによって状態を改善していきます。
しかし、神経が多く集まっている陰茎に直接的に麻酔針を刺すと、その影響で強烈な痛みが生じることもあります。
ですから、陰茎増大の場合は麻酔を行うときも段階的に対処をしていくことが大半です。
表面麻酔を行って感覚を鈍らせて、そこから神経周辺の麻酔を行っていきます。
それができた後に、治療する部分に対してより集中的に麻酔を行うといった流れです。
患者が痛いと感じる機会を最小限にするので、場合によっては全く痛みを感じることなく終わらせることも可能です。

陰茎増大後のケアを失敗しないための準備

細心の注意を払って陰茎増大の治療は進められるので、痛いと感じることはほぼありません。
ただ、これは施術中の話であってその後のケアに関してはこの限りではないです。
実際に、間違ったケアを行ってしまうと痛みが持続的に生じる可能性も否定できません。
陰茎増大は、麻酔で痛みを鈍化させるだけでダメージが残っていることに違いありません。
そのため、優秀なクリニックほど陰茎増大後のアフターケアに力を入れています。
具体的には、24時間対応のアフターケアを導入したり、日常生活における注意点やそれに伴うアドバイスを正確に指導することです。
当然ですが、ダメージが抜けて完治するまでは痛み止めを処方してくれます。
サポートが充実しているクリニックは、陰茎増大の施術の料金にアフターケアを含めています。
施術の保証の一環としてサービスを考えていますので、実際にこれらのサービスを利用する際は無料で受けられることが大半です。
通院をその後は行う必要はありませんが、継続的にケアをする中で無料で再診ができるためとても重宝します。
特に、痛みについては施術後でも真摯に相談に乗ってくれますのでクリニックの選択はとても重要だと知っておかなくてはいけません。

まとめ

陰茎増大は、神経が集中している局部への治療であるため痛みに関する不安は当然あります。
実際に、何の対策もしないと耐えることができないほどの痛みになるケースも存在します。
しかし、優秀なクリニックに相談をすれば全く痛いと感じることなく治療を進められるのもまた事実です。
普通の麻酔処理とは異なって、段階的に対策を進めていくことで麻酔針における痛みなども考える必要が無くなります。
施術が終わった後の対処についても、アフターサービスを提供しているクリニックではとても良心的です。
無料でサポートを受けられるので、安心して全て任せられます。