施術は痛い?陰茎増大の施術の方法

陰茎増大は注入方式で痛い処置ではない

陰茎増大は痛い処置ではありません。
注入方式になっており、そもそもが体に負担の少ない内容となっています。
手術といっても注射器でヒアルロン酸や脂肪等を注入する方法がとられており、針を刺す時の痛みを気になる人もいますが、痛みを和らげるための麻酔が用いられています。
麻酔も一種類なら痛いと感じるタイミングがあるかもしれませんが、和らげるために複数の麻酔が使用されるため、段階的にコントロールすることが可能です。
一番最初に行うのはテープやスプレー方式になっている麻酔であり、それで表面の感覚を鈍らせます。
その後に根本部分にブロック麻酔をして感覚が失われていることを確認してから、注入する部分に対して麻酔を施していくという流れです。
この方法なら痛いと感じることもなく陰茎増大の施術は終了しますので、痛みに不安のある人でも受けられます。
静脈麻酔をする場合には、最初から最後まで寝ている状態で陰茎増大術を受けることになり、痛みは一切ありません。

痛みをほとんど感じない施術だと分かっていても不安な人に

陰茎増大が痛みをほとんど感じない施術だと分かっていても不安な人は、事前にクリニックでよく相談しておくと良いでしょう。
クリニック側でもそういった人達に対処する方法が確立されており、色々な対策が提案されます。
その中で納得のいく方法を選んで受けることで、当日を安心して過ごせます。
陰茎増大はデリケートな施術ではありますが、とても安全性が高くて痛みも少なくなっていますので、過度な心配は無用です。

注入する量によっても違和感の感じ方が異なりますので、不安な人は注入量を抑えるのも一つの方法です。
また、ヒアルロン酸よりも自分の脂肪を使った方が馴染みやすいとされていますので、安全性を重視するのなら自分の脂肪を注入する方式を検討しても良いかもしれません。
ただし、この方法は費用面での負担が大きくなりますので、予算をよく考えた上で決める必要があります。
ヒアルロン酸の方が安価であり、手ごろな価格で受けられます。

まとめ

陰茎増大術は決して痛い施術ではありません。
体に負担の少ない内容であり、手術と言ってもヒアルロン酸や脂肪を注入するだけです。
その注入に関しても麻酔を用いて行いますし、麻酔も複数種類が使用されます。
ですから、痛みに弱い人でも安心して受けられます。
心配のない施術だと分かっていても不安が残る人は、事前にクリニックで相談しておくのがお勧めです。
注入する量によっても感じ方が異なるため、注入量を調節するのも一つの方法です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。