痛い、怖いなどの不安を取り除く実際に陰茎増大を実施した人の体験談

陰茎増大は痛いのか?体験談をまずはチェック

何かサービスを受けたり、購入するときには口コミや体験談を参考にするとわかりやすいです。
実際にそれを利用した方や購入した方の声を知る事で、そのサービスが良いのかどうかという判断をしやすくなります。

陰茎増大に関しては、痛いのではないというのが1番気になる所ではないでしょうか。
陰茎増大はヒアルロン酸などを注入する事で大きくすることが出来ますが、痛いという方はそれなりにいましたがダウンタイムがほとんどなく、痛みが継続することはないという声が多いです。

メスを使うような手術ですと、抜糸までの期間や麻酔が切れたあとに痛みが出るケースが多いですが、陰茎増大に関してはそこまでの痛みはないという方がほとんどです。
不安な気持ちもあったけれど注入手術をしたら、本当に陰茎増大できたし自分の努力ではどうにもならない事だったのでメリットは大きいという声も見られます。

包茎手術と合わせて行った方も沢山います。

ペニスに注射するなんて考えられない!

陰茎増大をするためには、ペニスに注射をしなければなりません。
基本的に手術をするときにはメスを使うとすれば麻酔を打ちますし、陰茎増大や亀頭増大の場合はヒアルロン酸などを注入することになります。
その場合は直接注射をすることになりますので、恐怖心もあるでしょう。

体験談を見てみますと、痛いという声も寄せられてはいますが、我慢が出来ないほどではないという方がほんとです。
包茎手術と合わせて陰茎増大をオプションで受けた方の中には、静脈麻酔で眠っている間に手術が終了したので全く痛くなかったという声も有ります。

手術を受けるにあたって、恐怖心が大きい方の場合は静脈麻酔を使用して眠っている間に手術が終わっているという状態にすると安心です。
痛いということも有りませんし、術後の痛みに関してはメスを使うような手術であればあるかもしれませんが、陰茎増大の注入方法ぐらいでしたらそこまで気にする事はありません。

まとめ

男性にとってペニスの問題はとても大きいです。
それがコンプレックスになってしまいますと、自分に自信が持てなくなってしまうこともあるでしょう。
そんな時に解決する手段として陰茎増大のヒアルロン注射があげられます。
痛いのではないかと不安に感じる方もいますが、実際には体験談を見てみると分かりますがそこまでではありません。

恐怖心が大きい方は、静脈麻酔を使用して眠っている間に終わる状態を作ることもおすすめです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。